自分に合ったヘアケア商品を使うようにしています。

31歳女性、アパレルブランドの通販部に所属しています。私の髪の毛の悩みは、顎のあたりからのクセと、パサついて広がってしまうこと、あとはカラーが入りにくいことです。クセと広がりは、特に雨の日や湿気の多い日は本当にわかりやすいです。そのためいつも肩より長めのセミロングで、後ろに縛っていました。とりあえず縛ってしまえば、多少後ろでうねうねしていても気にならないからです。

髪の毛のクセにはヘアワックスやスプレーなどを試しています。ワックスやムースなどは、髪の毛が濡れるためクセがまた出てきてしまうので結局あまり使えません。メンズ用の固めるワックスを使ったこともありますが、パリパリになってあまり効果的ではありませんでした。私にはケープなどのヘアスプレーの方が相性が良く、乾いた髪をアイロンで伸ばし内巻きにクセ付けし、その後ケープで形をキープさせる方が午後くらいまでは持ちました。それでも夜にはうねりが出てきてしまいます。雨の日の広がりには、今のところまとめ髪にするしか良い方法がありません。アナスイのヘアオイルがかなりしっとりして好みなので、夜の入浴後にタオルドライをしてオイルを馴染ませると、朝もしっとりしてまとまるのですが、雨の日だけはそれが裏目に出て、広がらないけれどクセが出てしまってうまくいきません。

そしてカラーが入りにくい髪質なのは、数年前に初めて知りました。いつも赤系にしたくてもなかなか思い通りの色にならず諦めていましたが、産後から行き始めた美容院でカラーに詳しい美容師さんがいて、私の髪質には赤系は入りにくい色だと教えていただきました。なので入りやすいカラーで染めてもらったり、カラーを混ぜてもらったりなど、試行錯誤中です。

前日に寝不足だったり、入浴後に髪を乾かさずに寝てしまった時などは、翌朝思い通りにならずに縛ってしまったりもして、毎日希望通りの髪型!とはいかないですが、自分に合ったヘアケアアイテムを探しながら、お金をかけずになんとかやろうとしています。
髪のうねり対策も参考にしています。

借金を踏み倒すことはできるのか?

借金返済の方法

相手が個人でお金を貸しているという様な場合ですと、比較的簡単に逃げ切れるかと思うのですけど、やっぱり集団ですからね。そう簡単には逃げさせてもらえないのです。しかもそうなったらなったで彼らはブチ切れるでしょうからね。報復として何をやってくるか分からないのです。殴られるぐらいで済めば良いんですけどね。場合によってはそれ以上の被害を受けることを想定しておかなくてはいけません。

いざバトルになったとすれば絶対に戦うべきではないでしょう。なぜなら彼らは集団で行動しているからです。一方こちら側は1人ですからどうする事もできませんね。しかも借金をしているのはこちら側なのですから相手側は強気です。もちろん法律を無視した利息を請求しているとなると一方的に悪いという事にはならないんですけどね。それでも彼らは自分たちを正義だと思っているので、どんな行為でもやりかねないという恐ろしさがあるのです。

警察に頼りたい所なのですけど、実際に被害に遭わない限りは警察は手だしかできないというのが一般的です。なのでそちらの方は頼れないんですよね。なるべく早い内に弁護士さんの方に相談する様にしましょう。それが解決のために役に立つと思います。しかし、ここまで恐い思いをするに至る原因というのは自分にもあるという事を認識してください。最初の段階で借金に手を出してしまったというのがそれなんですね。

こんな思いをしたくないと言うのであれば、これからはもう二度と他人からお金を借りないでください。都合の良い借金返済の方法なんてありませんので。

あせもの薬は皮膚科で何がもらえるのか?

あせもの薬は皮膚科では何がもらえるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

皮膚科で処方してもらえるあせもの薬は、大きく分けて「ステロイド系」と「非ステロイド系」に分かれます。

「ステロイド系」の薬には、炎症を抑えこれ以上重症にならないようにする働きがあります。

しかし、使い続けることによって免疫力が下がってしまう副作用があるので、医師と相談して使いましょう。

医師の指導のもと正しく使えば、それほど恐ろしいものではありません。

(例)

  • ロコイド
  • キンダベート
  • リンデロン-V
  • リンデロン-VG
  • ベトネベートN
  • プロパデルム

「非ステロイド系」の薬は、字のごとくステロイドが入っていないので、効果は「ステロイド系」よりも劣ります。

しかし、副作用に悩まされずに使うことができるので、皮膚の弱い方にはこちらが処方されることがあります。

(例)

  • コンベック
  • スタデルム
  • アズノール
  • 亜鉛華軟膏
  • フエナゾール

また、子供の場合で皮膚科か小児科どちらに行けばよいか迷ったら、ひどく炎症をおこしていている場合は皮膚科、そうでなかったら小児科に行くといいでしょう。

その理由は、あせもやとびひ以外にも皮膚に炎症がおこる病気があるからで、小児科で一度診察してもらって、他の病気ではないと分かったら皮膚科に行くようにしましょう。