キャットフードの製造方法

ドライフードの製造方法をご紹介します。

  1. 原材料を混ぜ合わせます。

ます原材料を粉々にします。

パウダー状にする場合もあります。

粉々にすることでキャットフードの生地を作ります。

  1. 成形

100℃まで加熱した生地を押出成形機でさらに加熱します。

この時の押出成形機の温度は120℃~60℃にもなります。

押出成形機から出てきた生地は均等な大きさに分けられていきます。

  1. 乾燥

オーブンで乾燥させます。

乾燥させることで常温で保存することができるドライフードが出来ます。

  1. 冷却

オーブンで熱くなったドライフードを冷却します。

冷却時または冷却前にビタミン・ミネラル・タウリンなどの添加物をかけます。

  1. 袋詰め

計量機で量りドライフードが詰められて行きます。この時に密封されます。

高温で加熱することでいくつかの栄養素が失われます。

成形時と乾燥時には高温になるのでどうしても栄養素が失われることになります。

失われた栄養素を冷却時に補充します。

ドライフードを殺菌し長持ちさせるために必要な工程でありキャットフードの製造過程に欠かせない工程になります。

猫の栄養バランスを考えて手作りしてみるもありかもしれません。

カナガンキャットフードは人口添加物を使用している?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です